投資王座決定戦!株、ワラント、FX、IPO、先物

株、ワラント、FX、IPO、先物 どれが一番儲ける事が出来るのか!投資王座決定戦!さまざまな投資情報満載!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

金融

金融(きんゆう、Finance)とは、資金余剰者から資金不足者へ資金を融通すること。

銀行や証券会社、保険会社などが、専業として行っており総称として金融業と呼ばれる。

広義では、政府や企業、個人、組織などの経済主体がお金を調達し予算を配分し使用することによって生じるお金の流れ全体のことを金融と呼ぶ。そのため、金融業だけでなく政府に関連する財政、事業会社の活動、個人の家計も金融の一部である。

金融は、お金の「調達」、「配分」、「投資」/「融資」という3つの活動に分けて捉えられている。

また金融は貸手と借手の関係から以下の2つに分類される。

<直接金融>

直接金融の特色は、貸手と借手が直接に資金的つながりを持つことである。

通常、資金の貸手と借手の間には仲介業者が入るが、仲介業者は取引手続代行により手数料を受け取るのみで、資金の流れには関与しない。

債券や株式の取引は直接金融である。

直接金融においては、債券や株式の価格が市場で決まることになる。そのため、市場の実勢を反映して資金が配分され経済が効率的になる。

借手の倒産などによるデフォルトや資本金消滅は貸手がすべての損失をこうむる。

不特定多数の貸手が借手の財務状況などを知ることが、市場の存立に欠かせないため、透明な情報公開が制度化されることが必須である。



<間接金融>

間接金融の特色は、仲介業者(銀行などの金融機関)が存在することである。

資金の貸手と、借手の間に仲介業者が入るが、仲介業者は貸手から一旦借りて、借手に貸し出す。そのため、貸手と借手との間に直接取引関係はない。

金融機関が多数の貸手の小口資金を集め、多数の借手に融資できる点がメリットである。さらに、大規模な資産ポートフォリオを組むことになるため、個々の貸手のリスクが低下する。

間接金融においては、貸手の債権が仲介業者の債務となる。仲介業者は多数の貸手を持つため、貸手間の債権移転を振り替えることができる。これは、流動性の高さを意味するので、貸手は債権を現金相当物とみなすようになる。このようにして、間接金融の活動は信用創造を起こして、市中のマネーサプライを増加させる。

金融機関は、この借手への借入金利(銀行では預金金利)と貸手からの貸出金利の差(利ざや)で利潤を上げる。

一方で、本質的に貸手の債権を保証するのは金融機関ではなく借手である。そのためどの金融機関に預けても同額の債権は等しい価値である、とは言えない。

金融機関が財務状況の悪い借手に貸して不良債権となった場合は、本質的にその責任を負うのは貸手になる。

そのため、金融機関は技術と倫理に裏打ちされた金融の専門家によって運営されなければ信用を失う。



<金融ビッグバン>
日本では、1996年に橋本龍太郎首相の指示により、日本の金融市場を2001年までにニューヨーク、ロンドンとならぶ国際金融市場として再生させるための金融システム改革が行われた。これを、日本版金融ビッグバンと呼び、フリー、フェア、グローバルの3原則が採用された。

この改革により、日本の金融市場は急速にオープンで競争的になり、いまや証券仲介手数料などは世界で最も低コストのクラスになっている。


<学問としての金融とファイナンス>
ここでは、学問としての金融について述べる。 日本では、学問としての「金融」と「ファイナンス」には、意味の違いがある。

従来、日本の大学で金融論といえば、政府や企業からの側面、 すなわち経済全体の中での資金の循環について論じられてきた。 一方、新しい学問分野としてのファイナンス理論は、投資家のミクロ的行動を 分析する学問といえる。

また、伝統的な金融論が経済学の一分野であるのに対し、 ファイナンス理論は、新しい学問であり、経済学、数学、工学にまたがる学際分野 としても位置づけることもできる。なかでも数理的側面や工学的側面の強いものは 金融工学と呼ばれる。




↓クリックしてね↓



FC2ブログランキング


にほんブログ村 株ブログへ


スポンサーサイト

テーマ:これでいいのか 日本の教育 - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/11/04(土) 15:41:56|
  2. 金融
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。