投資王座決定戦!株、ワラント、FX、IPO、先物

株、ワラント、FX、IPO、先物 どれが一番儲ける事が出来るのか!投資王座決定戦!さまざまな投資情報満載!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

六本木ヒルズの歴史!

六本木ヒルズ(ろっぽんぎヒルズ、Roppongi Hills)

森ビルが17年の歳月を掛けて行った六本木六丁目再開発計画の一環で建築された、超高層ビル六本木ヒルズ森タワーを中心としたビル群である。


<前史>

江戸時代に長府毛利家上屋敷だった場所で、赤穂浪士の武林唯七ら7人が切腹した場所であったことでも有名である。長府藩(長門府中藩)出身の乃木希典もここで生れている。(東京都旧跡)

明治時代には法律家・増島六一郎(中央大学の前身である英吉利法律学校の創立者の1人)の邸宅になった。第二次世界大戦の戦災に遭い、1952年にニッカウヰスキーの工場、後にテレビ朝日の敷地となった。

かつては広大な毛利家の庭園が残っていた。園内の池は、ニッカ時代にニッカ池という通称が付き、テレビ朝日のテレビ番組「さんまのナンでもダービー」で一部に知られるようになった。現在、敷地内には面積約4,300平方メートルの毛利庭園が設けられ、「毛利池」があるが、これはニッカ池とは異なる。かつての庭園遺構は毛利池の下に埋土保存されている。

また、駒澤大学の前身で、1882年に開校した曹洞宗大学林専門本校があった場所も、六本木ヒルズの一角に当たる。 その他メトロハットになっている場所は、セゾングループの文化拠点の1つだったWAVEの跡である。


<経緯>

六本木ヒルズ誕生前は、テレビ朝日周辺の六本木六丁目は道路が狭く、消防車が通行することも困難な状況であった。1990年にテレビ朝日本社移転も兼ねた再開発計画地域に指定された。愛称で「六六」と呼ばれているのも、六本木六丁目が由来となっている。

なお、この付近の再開発の先行事例として、同じく森ビルが行った赤坂アークヒルズがある。古くからの住民には、この時に森ビルが誠意を持って対応に回った様子が伝えられており、最終的に街の発展を森ビルに託して立ち退くことに合意した。


<完成まで>

1986年 アークヒルズ完成に伴い、テレビ朝日本社が一時移転。権利変換により森ビルが地権者となり、ここを中心にアークヒルズに続く大規模な都市再開発計画が森ビル内でスタート。

1993年 森ビルの働き掛けをきっかけに東京都も加わって六本木六丁目地区第一種市街地再開発事業を開始。住民による勉強会が重ねられた。

1995年 東京都が都市計画決定を告示。この年の阪神・淡路大震災を教訓に、耐震構造が組まれた。

1996年 「6.6プラン」発表。

1997年 港区が地区の区域の公告を実施。東京都、港区、公共施設管理者が同意に至り、最終計画案がまとまった。

1998年 六本木六丁目地区再開発準備組合が設立。

1999年 東京都権利変換計画が認可され、仮住居への入居が始まった。

2000年 着工。ピーク時には1万人近くの工事作業員が作業に当たった。(総事業費約2700億円)

2003年 街開きを実施。


<完成後>

完成後は東京の人気スポットになった。IT関連などの企業が多く入居し、ヒルズ族という言葉が使われるようになった。急成長を遂げた企業は、六本木ヒルズに入居していなくともヒルズ族と呼ばれることもある(例:サイバーエージェント、USEN)。

ライブドア事件後、早くから六本木ヒルズに本社を置いていたヤフーの井上雅博社長が「同じビルに間借りしているだけで、括られるのはいかがなものか」と発言しているが、その後も、楽天など何かとワイドショーを賑わせるトラブルが絶えず、ブランド力は低迷。

すでに立退きを発表している企業もある。また、2007年春には、六本木ヒルズから徒歩10分程度の場所にある防衛庁跡地に、オフィス・ホテル・住居・商業施設などが入った複合施設の東京ミッドタウンが開業予定で、六本木ヒルズとの競合は必至とみられている。

2004年に起きた六本木ヒルズ森タワーの回転自動扉死亡事故については、「六本木ヒルズ森タワー」の項を参照されたい。


<主な施設>

六本木ヒルズの中核施設、森タワー
J-WAVEビジュアライザーの森ビル主な施設として、ゴールドマン・サックス、リーマン・ブラザーズ、J-WAVE、Yahoo!Japan、ライブドア、楽天、コナミなどの企業テナント、森美術館などの文化施設が入居する森ビルの六本木ヒルズ森タワー、テレビ朝日本社ビル、ホテル(グランドハイアット東京)、シネマコンプレックス(TOHOシネマズ六本木ヒルズ)、屋外型イベントスペース(六本木ヒルズアリーナ)、住居(六本木ヒルズレジデンス、ゲートタワーレジデンスなど)、TSUTAYAやルイ・ヴィトンなどを始めとする多数のショップやブティック、レストランなどがある。

また、アメリカ人向けナショナル・スクールの、アメリカンスクール・イン・ジャパンの幼稚園がある。

デザインは、コーン・ペダーセン・フォックス・アソシエイツが森タワーやグランドハイアット東京などを、ジャーディ・パートナーシップ(ジョン・ジャーディ、en:Jon Jerde)がけやき坂など低層部の商業エリアを担当。テレビ朝日は建築家槇文彦、イメージキャラクターの「ロクロク星人」は現代芸術家の村上隆によるものである。なお、六本木ヒルズ森タワーにはJ-WAVEの非常用送信設備が備わっており、最大1kWの放送が可能である。


<交通>

鉄道
東京地下鉄日比谷線、都営地下鉄大江戸線の六本木駅が最寄り駅(出口1C直結、出口3徒歩約4分)。また、都営地下鉄大江戸線、東京地下鉄南北線麻布十番駅も利用可能(出口3,4徒歩約4~7分)。


バス
都営バスの路線は渋谷駅とを結ぶ都01折返と急行版のRH01、並びに五反田駅・品川駅とを結ぶ反96の各系統が運行されている。六本木ヒルズ内には、六本木ヒルズ、六本木けやき坂の停留所があり、一方循環の経路で運行される。また、六本木通りを走る都01(渋谷駅~新橋駅)および渋88(渋谷駅~新橋駅、神谷町駅経由)の六本木六丁目停留所も利用可能である。

また、2004年秋から港区のコミュニティバス「ちぃばす」の2路線が田町駅及び赤坂方面から運行されている。都営バス同様に六本木ヒルズ、六本木けやき坂停留所に停まる。



六本木ヒルズ内に数箇所の駐車場があるものの、違法駐車をしている地方からの観光客の車や、同じく違法駐車をしている客待ちのタクシーなどで周囲は恒常的に渋滞している。 ビルの設備は非常に先進的で、死亡事故がおきた回転式のエレベーターは稼動していないが自転車置き場には可動式のラック、防犯カメラが設置されている。





↓クリックしてね↓



FC2ブログランキング


にほんブログ村 株ブログへ


スポンサーサイト
  1. 2006/11/25(土) 18:17:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

日本の投資家

日本の投資家

竹田和平(1933年~)
日本の多数の上場企業の上位株主となっている投資家。


糸山英太郎(1942年~)
日本航空の個人筆頭株主としても知られる大富豪。各セクタの代表的銘柄を保有している。元衆議院議員。


酒匂隆雄(1947年~)
酒匂・エフエックス・アドバイザリー有限会社代表。北海道大学卒業後、横浜銀行、外資系金融機関などで外国為替業務に従事。東京外為市場を牛耳っていた頃、業界の貴公子と称されていた。


中山茂
通称「チャーリー中山」、または「8割の男」。小説「東京外為市場25時」のモデルとなった伝説的ディーラー。現在シンガポール在住。


藤巻健史(1950年~)
フジマキ・ジャパン代表取締役。一橋大学商学部卒業後、三井信託銀行入社。1980年ノースウエスタン大学でMBA取得。1985年JPモルガンモルガン銀行に転職。 同行資金為替部長、東京支店長、ジョージ・ソロスの投資アドバイザーなどを歴任。早稲田大学大学院公共経営研究科でも教鞭をとっている。イトーヨーカ堂取締役の藤巻幸夫は弟。


隅田浩
極東証券のトレーダーとして常勝伝説を作った後、自身のファンドを立ち上げた。日経平均先物の売買高のシェアが大きく、カリヨン証券(インドスエズ証券)を通して売買することから、「インド」或いは「ヨン様」と呼ばれている。2005年8月からの上昇相場で敗北を喫した。


a href="http://blogranking.fc2.com/in.php?id=102277" target="_blank">村上世彰<(1959年~)
アクティビストファンド・M&Aコンサルティングの元代表。2006年6月5日に証券取引法違反で東京地検に逮捕された。


今井雅人(1962年~)
マット・キャピタル・マネジメントCEO。上智大学卒業後、1985年に三和銀行入行。1987年よりディーリングの世界に入る。心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ちつづけた常勝トレーダーで、内外の投資家にも太いパイプを持つ。通称マット今井。


B・N・F(1978年~)
みずほ証券によるジェイコム株大量発注ミス事件で一躍有名になった個人投資家。スイングトレード、デイトレードなどの取引手法を得意としている。過去に東海アルミ箔の株主として「会社四季報」に掲載された同姓同名の人物がいたが、本人かどうかは定かではない。なお、提出が義務付けられている書類以外においては本名を一般に公開しておらず、テレビなどに出演する際はインターネット上で用いているハンドルネームの「B・N・F」を名乗っている。




↓クリックしてね↓



FC2ブログランキング



にほんブログ村 株ブログへ

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2006/11/10(金) 07:20:41|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

著名な投資家

著名投資家

株式市場為替市場商品先物市場債券市場などで投資活動を行っている著名な投資家の一覧である。著書などを出版または、投資関連出版物・テレビ・新聞などで紹介されるなど、主にマスメディアに登場した人物


ジェシー・リバモア(1877~1940年)

20世紀前半にウォール街で活躍した投資家。数百万ドルの財を築くこと4度、破産すること4度。最後は4人目の妻に遺書を残しピストル自殺を図りこの世を去るという、壮絶な人生を送った。彼をモデルにした小説"Reminiscences of a Stock Operator(邦題「欲望と幻想の市場」)"は、古今東西の投資家から最良の投資参考書として上げられることが多い。


ベンジャミン・グレアム(1894~1976年)

バリュー投資の父。ウォーレン・バフェット氏の投資手法の育ての親。元コロンビア大学教授。


フィリップ・フィッシャー(1907~2004年)

成長株投資の先駆者であり確立者。ウォーレン・バフェットも影響を受けたとされる。


チャーリー・マンガー(1924年~)

バークシャー・ハサウェイ株式会社副会長。バークシャー・ハサウェイ子会社ウェスコ・ファイナンシャル・コーポレーション会長。ウォーレン・バフェットの片腕。


ジョージ・ソロス(1930年~)

稀代の投機家。イングランド銀行を潰した男の異名を持つ。通貨危機の発端を作った。


ウォーレン・バフェット(1930年~)

バークシャー・ハサウェイ株式会社CEO。投資によって財を築いた。ビル・ゲイツ氏に続いて世界第2位の個人資産(420億ドル)を保有(フォーブス誌の長者番付2005より)。



ジム・ロジャーズ(1942年~)

冒険投資家。ジョージ・ソロスとクォンタムファンドを創設して10年間で3,365%のリターンを得る。現在、投資家でありながらコロンビア大学で教鞭をとっている。


リチャード・デニス

ウォール街における伝説の投資家。


ピーター・リンチ(1944年~)

ファンドマネージャー。2000万$だったマゼランファンドを140億$までに育てあげた。


ジョン・メリウェザー(1947年~)

元ソロモン・ブラザーズの債券トレーダー。現在ヘッジファンドのJWMパートナーズを運営している。


ジム・クレイマー(1955年~)

元ヘッジファンドマネージャー。現在は、投資情報ウェブサイトを運営するTheStreet.comの代表を務めるかたわら、CNBCにて「Mad Money」という投資情報番組のホストとして活躍。




↓クリックしてね↓



FC2ブログランキング


にほんブログ村 株ブログへ




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2006/11/09(木) 07:31:39|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

相互リンクを募集しています。

相互リンクを募集しています。

以下に該当していれば歓迎します。
・株式投資、サイト
・アクセスアップのために単語がずらずら並べてあるサイトはNG

手順↓
まずこちらのサイトのトップページ

http://tousiou.blog79.fc2.com/

を自分のサイトにリンクしてください。
その後、コメントにその旨をお知らせください。
リンクされているのを確認した後、こちらからもリンクさせてもらいます。

気軽に声をかけてもらえれば嬉しいです。
よろしくお願いします。
  1. 2006/10/20(金) 02:32:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。